至高のリゾート宮古島!

個性豊かなビーチを満喫しよう

沖縄本島の南西にある宮古島は、豊かな自然や地元の歴史を学べる博物館など、見どころが盛り沢山の観光スポットです。例えば島の北側にある砂山ビーチは白い砂浜と鮮やかなブルーの海が美しく、散策するだけでも爽やかな気分に浸れる場所となっています。ほかにも全長が7kmもある与那覇前浜や、シュノーケリングスポットとしても人気がある吉野海岸、波が穏やかなので小さい子どもと一緒でも安全に遊びやすい渡口の浜など、個性溢れるビーチが揃っているところも海に囲まれた宮古島ならではの魅力です。日中に太陽の光を浴びながら海水浴をしたり、シュノーケリング用具を準備してサンゴ礁や熱帯魚を観察したり、夕方のビーチでオレンジ色に染まった海を眺めたりと、様々な楽しみ方があるため、事前にどのビーチでどんなことができるのか調べておくと良いでしょう。

博物館や史跡巡りも楽しい


ビーチで自然を満喫した後は、島内にある博物館や史跡を訪れて、この地で暮らしてきた人々の歴史や文化を学んでみてはいかがでしょうか。宮古空港から車に乗って約20分の場所にある宮古島市総合博物館は、宮古島の歴史や伝統行事のほか、島の自然や工芸品なども紹介している施設です。館内には歴史を学べる第一展示室と、風土や自然について学べる第二展示室があり、宮古島に関する様々な情報をじっくりと見てまわることができます。

宮古島の歴史についてもっと知りたい場合は、島の各地にある遺跡巡りをしてみるのもおすすめです。島の南側にある上比屋山遺跡は14世紀から15世紀頃に存在した集落の遺跡だとされており、土器や陶磁器などもたくさん見つかっています。遺跡内部には拝所と呼ばれる神様を拝むための場所が複数あり、沖縄独自の文化に思いを馳せることができます。島内にはほかに墓や城跡なども残されており、歴史好きにもおすすめです。